平成16年 世界の中心で、
愛をさけぶ

教室の中心で、
愛を叫ぶ人も。

「好きな人を亡くすことは、なぜ辛いのだろうか」。この年映画化され、一大ブームを巻き起こした青春恋愛小説(小説の発売は、2001年)。高校時代に体験した恋人の死を巡って展開される、みずみずしい恋愛と喪失感が描かれている。「セカチュー」の略称で親しまれ、300万部を超えるベストセラーとなった。

Illustrated by 天野喜孝
2018年1月3日(水)15時 販売を終了いたしました。

《作家プロフィール》

イラストレーター。大人気ゲームソフト「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザインなどを手掛ける。


《平成16年のできごと》

  • 一万円、五千円、千円の新紙幣発行
  • 消費税の内税表示義務化スタート
  • 日本人の平均寿命が4年連続で過去最高を更新
  • スイーツ「マカロン」ブーム
  • 韓流ブーム