平成9年 たまごっちブーム

あの頃は、
うんちのお世話で
頭がいっぱいだった。

白いたまごっちは、手に入らない。そんなレア商品も登場するほど、女子高生を中心に大ブームを巻き起こし、社会現象といっても過言ではなかった「たまごっち」。食事やうんちの世話を通して、キャラクターを育てていくゲームで、当時は誰もがその育成に熱中していた。その後も進化するデバイスに対応しながら展開を続け、20年たった今もなお大人気コンテンツとなっている。

Illustrated by 樫本学ヴ
2018年1月3日(水)15時 販売を終了いたしました。

《作家プロフィール》

漫画家。小学館「コロコロコミック」にて、ギャグ漫画、ストーリー漫画で活躍。現在、「手裏拳トンマ」を連載中。


《平成9年のできごと》

  • 日本人デザイナー・ブームで裏原宿スタイル流行
  • 「オーガニック(有機農産物)食品」ブーム
  • 消費税率、5%に引き上げ
  • ハイブリッド自動車が販売開始
  • CD生産枚数が合計で国内史上最高を記録