平成8年 コギャルブーム

渋谷のセンター街は、
みんなこんな感じだった。

ルーズソックス、ミニスカート、ガングロ、加えて茶髪。コギャルを因数分解するとそういうことになるのだが、当時の渋谷の景色はこれに染まっていた。ルーズソックスに付随して塗る靴下止めも爆発的に売れたり、コギャルが使い始めた言葉が全国的な流行り言葉になったり、女子高生が経済とカルチャーをつくっているチョベリグな時代だった。

Illustrated by 岸田メル
2018年1月3日(水)15時 販売を終了いたしました。

《作家プロフィール》

イラストレーター。TVゲームやアニメのキャラクターデザインなどを手掛ける一方で、テレビやラジオ出演など、幅広く活動している。


《平成8年のできごと》

  • 海の日施行
  • 「ナマ足」が若い女性の間で流行
  • 「ジベタリアン」が流行語に
  • 「チョベリバ チョベリグ」が流行語に